[Unity] AdMob広告をiPhoneアプリに貼る

広告ユニットIDの取得方法はUnityで作ったiPhone用アプリに、AdMob広告の設定方法について。以前は個人の作ったプラグインを利用したりしていましたがGoogleからUnity用のプラグインが出ています。
 
IMG_0475

sponsored link

Google Mobile Ads Unity Plugin

 
ここでは、なるべくシンプルにAdMobeのバナーを貼る方法を試してみます。

PluginのImport

 
GoogleのページにあるAdMobの設定方法をもとにしています。
Google Mobile Ads SDK

プラグインはこちらのサイトからダウンロードしてください
https://github.com/googleads/googleads-mobile-unity/releases/tag/v3.0.0

 
unity-ios-admob1

 
GoogleMobileAds.unitypackage をダウンロードします
Unity のプロジェクトから「Assets」->「Import Package」->「Custom Package…」を選び
 
スクリーンショット 2016-02-04 14.35.58
 
ダウンロードしたGoogleMobileAds.unitypackage を選択します
 
スクリーンショット 2016-02-04 14.36.46

全てチェックが入ったままで「Import」します。
 

スクリプトの作成

 
Googleのサポートページの情報をもとに以下のような簡単なスクリプトファイルを作成します

広告ユニットIDの取得は こちらです
 
AdMob.cs

 
「GameObject」「Create Empty」で空のObjectを作りこのスクリプトをドラッグ&ドロップします。
 
unity-ios-admob2
 
これでUnity側の設定は終わりましたので、Xcodeのプロジェクトをエクスポートします。
「File」「Build Settings」から「Scene」を選択して「iOS」にプラットフォームをスイッチして「Build」します。
 
スクリーンショット 2016-02-04 17.39.50
 
これでXcode プロジェクトがエクスポートされます。
 

Xcodeの設定

 
以下のページからSDKをダウンロードします
AdMob for iOS
 
スクリーンショット 2016-02-04 17.53.20
 
ダウンロードしたgooglemobileadssdkios.zipを解凍して、GoogleMobileAds.frameworkをエクスポートされたプロジェクト内に置きます。
 
Xcodeでプロジェクトを開きます。
FrameworksのグループにGoogleMobileAds.frameworkを「Add Files to “Unity-iPhone”…」を使って追加します。
 
スクリーンショット 2016-02-04 17.59.41
 
このFrameworksにいかのフレームワークを追加します(既に入っていることもあります)

  • AdSupport.framework
  • AudioToolbox.framework
  • AVFoundation.framework
  • CoreGraphics.framework
  • CoreTelephony.framework
  • EventKit.framework
  • EventKitUI.framework
  • MessageUI.framework
  • StoreKit.framework
  • SystemConfiguration.framework

「Build Phases」「Link Binary Width Libraries」から下の「+」で新しくFrameworkを追加

スクリーンショット 2016-02-04 14.59.57

スクリーンショット 2016-02-04 15.00.17
 
次に、Enable BitcodeがYesになっていたら「No」にします。
Build Settingsにて「enable bitcode」で検索すると設定が表示されます。古いサードパーティーのライブラリーはこのビットが立っていることがあるので「No」にします
 
スクリーンショット 2016-02-04 15.16.14
 
これで、iPhoneを接続してビルド、実行をします。
 
IMG_0475

この設定では広告が画面上になっていますが、画面下にするには
AdPosition.Bottomにすれば広告が下に移動します

ページのトップへ戻る
 
sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加