[Unity] AdMob 広告をAndroidに実装する

Android用のUnityアプリに、AdMob広告を設定する方法について。
 
Android Studio 2.1あたりでGoogle Play Serviceとしてのリリースがなくなり(SDKではありますが)Repositoryに統合されて名前も、フォルダーの場所もかわりました。以前の設定とは異なるやり方となりました。
 
以下の情報はUnity 5.6.0f3, Google Mobile Ads Unity Plugin v3.4.0でのテストです、それ以前のバージョンではうまくいかないかもしれませんので注意。
 
testadmob_01

Unity 5.6.0f3
Android Studio 2.3.1

 

sponsored link

Google Mobile Ads Unity Plugin

 
AdMobを設定する上でGoogleが押しているFirebaseがありますが、以前に(5.3.0あたりで)試してうまくいかなかったのでここではパスします。NativeのAndroidやiOSではFirebaseは十分使えますがUnityはそれ以前にAndroid Studio 2.3でのビルドをちゃんとしてと言いたい。
 
ここでは、なるべくシンプルにAndroid Studio 2.3 でのAdMobeのバナーを貼る方法を試してみます。

 

PluginのImport

 
GoogleのページにあるAdMobの設定方法をもとにしています。(古い情報かもしれませんが概ねこの流れです)
Google Mobile Ads SDK
 
プラグインはこちらのサイトからダウンロードしてください
https://github.com/googleads/googleads-mobile-unity/releases
 

 


 
GoogleMobileAds.unitypackage をダウンロードします
Unity のプロジェクトから「Assets」->「Import Package」->「Custom Package…」
 
スクリーンショット 2016-02-04 14.35.58
 
ダウンロードしたGoogleMobileAds.unitypackage を選択します
 
スクリーンショット 2016-02-04 14.36.46
 
全てチェックが入ったままで「Import」

 

スクリプトの作成

 
Googleのサポートページの情報をもとに以下のような簡単なスクリプトファイルを作成します
 
広告ユニットIDの取得は こちら です。
 
AdMob.cs

 
「GameObject」「Create Empty」で空のObjectを作りこのスクリプトをドラッグ&ドロップします。
 
unity-ios-admob2
 
これでSceneを新しく作成
「File」「Build Settings」から「Scene」を選択して「Android」にプラットフォームをスイッチします。
 
admob2
 
これにより、「Asset」「Google Play Services」の項目ができあがるので
「Resolve Client jars」を実行します。
 
admob3
 
jarファイルが生成されています。
 
admob4

 

Player Settings の設定

 
debug test では、とりあえずBundle IDだけでも設定しておきます。公開ようにはアイコンなどの設定が色々あります。
Android アプリ公開手順について
 
これで、Androidを接続してビルド、実行をします。
 
testadmob_01
 
この設定では広告が画面上になっていますが、画面下にするには
AdPosition.Bottomにすれば広告が下に移動します

 

ページのトップへ戻る
 
sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加